医師アルバイトで賃金以外に得るすばらしい経験

私の従兄弟は眼科医です。普段は大学病院に勤務しているのですが週末は、コンタクトレンズの販売店併設の眼科に非常勤勤務に行っています。若いうちは皆、医師アルバイトをして将来開業する為の資金を貯めているのだそうです。とある民間調査会社の統計では、年代を問わず全体の半数以上の医師がなんらかの定期的なアルバイトをしているともいわれています。気になるバイト料ですが医師免許という国家資格を持った人しかできないものなので、とても高額だそうです。週末だけで、普通の会社員の一ヶ月分の給料を余裕で超えるほどの賃金が発生します。従兄弟によると賃金面での魅力以外に、メリットがあるそうで普段自分が勤務する先と違った現場を経験することで勉強になることも多いんだそうです。通院する患者さんの層も病院毎に異なりますし、大学病院とクリニックでは色々な違いもあるので将来開業する際の参考になることも多数あるとのことでした。

医師アルバイトに関してです

病んでいても笑顔でいる人、かなり重い機材や薬を飲んでいても笑っている子供を見ていると、医師アルバイトはとても大切です。優しくかつ、生きてほしいという強い願いがあります口なら何度でも言えます、いえ、医学は、言わなくてはならないのです。外科でも気持ち悪いなんてことではありません。苦しいので、言葉にできない激痛と戦っているのでいち早くに処置をほどこさなくてはなりません。たとえその人が何であろうと命は命なんです。それの医療のサポートをいち早く行わなければなりません。一秒単位が、大丈夫かどうかが決まります。しょうすいしきって、痛みどころか、それを通り越している患者様もいます。命を守らないといけません。とにかくすくなわなくてはなりません。サポートのアルバイトとして、冷静かつ、集中を研ぎ澄まして行います。

医師アルバイトの現状

大学医学部を卒業し、インターン研修医として大学病院に進めば多忙な日々を送るようになりますが、着実に医師としての知識を養いまた自覚が芽生えてきます。その後、勤務医として地方や総合医療機関などで働くようになりますが、大きな病院などではなかなか直ぐには担当医として配属される事はないのでそこでもまた下積みをしていきます。通常は普通のサラリーマンよりは収入はあることが一般的ですが、ある程度の地位や学位をとり、有名になってくれば相当額を稼ぐようになれます。しかし過疎や小さな個人病院などでは将来的に見てもいきなり出世するようなことはありません。独立して開業医になるにも資金だけでなく色々と苦労も多いようです。中には医師アルバイトのように転々とあちこちの病院で日替わりのように勤めている医師も居ます。評価の高い先生が小さな病院に応援で入る事もありますが、それとは違い報酬もそれほどではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)